JavaScript 配列に要素が存在するか調べる方法

JavaScript 配列に要素が存在するか調べる方法

JavaScriptで配列から要素を検索する方法について調べたので、まとめてみました。

Array.includesメソッド

array.includesメソッドは、結果をBoolean値で返します。配列に要素が1つでも見つかった場合に、trueを返します。配列に要素が1つも見つからない場合は、falseを返します。

const fruits = ['apple', 'banana', 'orange', 'melon'];

console.log(fruits.includes('banana')); //true
console.log(fruits.includes('remon')); //false

第二引数にインデックス番号をいれると、検索を開始する位置を指定することができます。

const fruits = ['apple', 'banana', 'orange', 'melon'];

console.log(fruits.includes('banana',1)) //false
console.log(fruits.includes('banana',2)) //false

Array.indexOfメソッド

array.indexOfメソッドは、配列にその要素が1つでも見つかった場合に、最初に見つかった要素のインデックス番号を返します。配列に要素が1つも見つからなかった場合は、-1を返します。

const fruits = ['apple', 'banana', 'orange', 'melon'];

console.log(fruits.indexOf('banana')); // 1
console.log(fruits.indexOf('remon')); // -1

第二引数に、インデックス番号を指定すると、検索開始位置を指定できます。

const fruits = ['apple', 'banana', 'orange', 'melon'];

console.log(fruits.indexOf('banana',1)); // 1
console.log(fruits.indexOf('banana',2)); // -1

Array.findメソッド

条件に一致する最初の要素の値が欲しいときは、array.findを使うと取得できます。存在しない場合は、undefinedを返します。

const numbers = [1, 2, 3, 100, 40];

const searchNumber1 = numbers.find(number => number > 99);
console.log(searchNumber1); //100

const searchNumber2 = numbers.find(number => number > 100);
console.log(searchNumber2); //undefined

おわりに

以上、配列から要素を検索する方法を、簡単にまとめてみました。

まい

フロントエンドエンジニア目指して、勉強中です。

JavaScriptカテゴリの最新記事