Macで突然、VPN接続(L2TP)ができなくなったときの解決方法

Macで突然、VPN接続(L2TP)ができなくなったときの解決方法

先日、Macで突然、VPN接続(L2TP)ができなくなったため、解決方法をのせておきます。OSはMac OS 13 Venturaにアップデート済みです。アップデート自体は、半年以上前に行なっていましたが、突然VPN接続ができなくなりました。

直近でVenturaにアップデートした同僚も、同じ現象が起こったため、何が原因かははっきりしませんでしたが、とりあえず解決できたので、解決方法をのせておきます。

エラーの状況

いつも通りVPN接続すると、下記のエラーが表示され接続できない状況でした。

L2TP-VPNサーバが応答しませんでした。接続し直してください。
それでも問題が解決しない場合は、設定を確認し、管理者に問い合わせてください。

試したこと

  • ルーターのパススルーのIPSecが有効になっているかを確認
  • スマホで同じアカウント、同じ設定でVPN接続
  • VPNのアカウントのパスワードの再設定
  • VPN設定の削除、再設定、再起動
  • Wi-Fi設定の削除、再設定、再起動

確認できたこと

  • ルーターのパススルーのIPSecは、有効になっていた
  • Windows PCでは同じルーター、VPN設定、Wi-Fi設定で、接続できる
  • スマホでも、同じ設定でVPN接続接続できる
  • 別のMacユーザーも同じ問題が起こっている
  • VPN設定の削除、再設定、再起動をしてもエラーが出る
  • Wi-Fi設定の削除、再設定、再起動をしてもエラーが出る

解決方法

結論から言うと、Apple Configuratorを使用して、VPN設定のプロファイルを新規作成しインポートしたら、無事にVPN接続できるようになりました。

1.App Storeから、Apple Configuratorというアプリをダウンロードします
2.アプリを開き、ファイル>新規プロファイルをクリックします
3.サイドメニューからVPNを選択し、「構成」をクリックし、VPNの設定を追加します


4.設定が終わったら、CMD + Sで保存します

5.次に、Macの「システム設定」を開きます
6.サイドバーの「プライバシーとセキュリティ」 をクリックします
7.スクロールした一番下にあるその他>プロファイルをクリックします

8.プラスアイコンをクリックして、先ほど作成したプロファイルをインポートします

この方法で無事に、VPN接続ができるようになりました。自分の場合は、一回で接続できるようになりましたが、直前でアップデートした同僚は、この方法でも何回かVPN接続を試さないと、接続できないという接続が不安定な現象が起きていました。

Mac OS 13 Venturaにアップデートしたら、VPN接続できなくなったという方、ぜひ試してみてください!

まい

フロントエンドエンジニア目指して、勉強中です。

その他カテゴリの最新記事