JavaScript 配列の合計を計算する方法

JavaScript 配列の合計を計算する方法

配列の合計を計算する方について調べました。for文、for of文、reduceを使う方法を紹介します。

for文を使う方法

const numbers = [1,2,3,4,5];
let sum = 0;
for (let i = 0; i < numbers.length; i++) {
  sum = sum + i;
}
console.log(sum); //15

関数にした場合

const sumNumbers = numbers => {
  let sum = 0;
  for (let i = 0; i < numbers.length; i++) {
    sum += numbers[i];
  }
  return sum;
};

sumNumbers([1,2,3,4,5]); //15

for of文を使う方法

const numbers = [1,2,3,4,5];
let sum = 0;
for (const number of numbers) {
  sum += number;
}
console.log(sum); //15

関数にした場合

const sumNumbers = numbers => {
  let sum = 0;
  for (const number of numbers) {
    sum += number;
  }
  return sum;
}

sumNumbers([1,2,3,4,5]); //15

reduceを使う方法

const numbers = [1,2,3,4,5];
const sum = numbers.reduce((previousValue,currentValue) => previousValue + currentValue, 0);
console.log(sum); //15

reduceの第一引数の一つ目のpreviousValueには「初期値」または「直前の処理で返された値」が入ります。currentValueには、現在の値が入ります。第二引数の0は、previousValueの初期値です。

関数にした場合

const sumNumbers = numbers => numbers.reduce((previousValue,currentValue) => previousValue + currentValue, 0);

sumNumbers([1,2,3,4,5]); //15

おわりに

以上、配列の合計を計算する方法を紹介しました。

reduceを使って、Codewarsの配列の合計を計算する問題にチャレンジしました。Codewarsは、いろいろな言語でプログラミングの問題に、レベル別にチャレンジができるサービスです。とても勉強になります。興味がある方は、ぜひ使ってみてください!

https://www.codewars.com/kata/53dc54212259ed3d4f00071c/javascript

まい

フロントエンドエンジニア目指して、勉強中です。

JavaScriptカテゴリの最新記事